学生最後の思い出はDVDで永遠に

3月になると全国の至る所で「卒業式」が開催されます。
小学校の時の卒業式はさほど覚えていないという方でも、中学校や高校の卒業式はよく覚えてらっしゃるでしょう。
皆の進路が一気に分かれてしまい、下手をすると一生合うことができなくなる可能性も秘めているからです。
そうしたときの記憶は長く残しておくことが肝心です。
卒業の時に動画でその時の姿を残しておいたとしましょう。
終わってすぐの頃にはあまり見ないかもしれませんが、時間が経つにつれ役立ってきます。
そう、「同窓会」を行うぐらい時間が経つと「あのときはいつはああだった」とか「あのとき私はこうしたんだ」という思い出話が花を咲かせます。
そこで卒業の時の様子をDVDなりなんなりで動画として楽しむことが出来たらそれほど役立つことはありません。
一気にその時の時間にタイムスリップすることが出来るからです。
またDVDコピーをして同窓生全員に配っておけば、自宅で見たいときに見たいだけ見ることも出来ます。
若いときの自分の姿や初恋の人の姿を見れば、日常の中でいやなことがあったとしてももう一度がんばれるというものです。
年をとってみなければわからない感傷も、DVDはじっと見守ってくれます。
動画は自分たちで撮影しDVDにすることも出来るほか、業者に依頼して作ってもらうことも出来ます。
同窓生全員に配りたいと言うときにはお金を出し合って費用を抑えることも出来るでしょう。
皆に渡せばよいプレゼントになりますね。
物には必ず寿命があります。
fdtrs
私たちが普段利用するDVDも、DVDコピーをした後のデータは決して無くなることはありません。DVDプレスの日本ビデオサービス・ディスクズなら大量のDVDコピーも安心!してお任せすることができます。
ある日DVDを再生したら、ニュース番組を録画していたはずなのにお笑い番組になっていたなんてことが無いように変化することはあり得ないのです。
しかし「DVD」が古くなってしまうことは十分考えられます。
DVDは長持ちする物と長持ちしにくい物の二つに分けられます。
保管状況や取り扱いの方法によっても異なりますが、「日本産」と「海外産」では日本産の方が長持ちすると言われています。
海外産のDVDメディアは安価なことを売りに、家電量販店の目玉商品として売られるため購入しているという方も多いでしょう。
しかし海外産は安さの分品質も犠牲にされている部分があります。
日本ほど品質管理がされているわけではないため、長く保管したいデータよりも一時的に使う受け渡しのメディアとしてよいでしょう。
一方日本産のメディアは、厳しい品質管理がなされた工場の中で製造されており値段が高くなっています。
値段の分品質が非常に高く、長持ちするという利点があります。
ちょっと乱暴に扱ったとしても海外産よりは長持ちするため、大切な番組をDVDコピーしてバックアップをとりたいと言うときに使えます。
お店に行くとたくさんのDVDが山積みにされていますが、必ず原産国が書いてあります。
食べ物を選ぶようにDVDでも原産国を選ぶ贅沢をあなたも経験してみてはいかがでしょうか。

Wgat's New

アーカイブ

http://www.dvdcopylab.com/ http://www.videon.co.jp/about_dvd/copy/
ページ上に戻る